付帯保険は「利用付帯」が「自動付帯」かも調べる


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

付帯保険は「利用付帯」が「自動付帯」かも調べる

クレジットカードのメリットでも紹介した「付帯保険」は自動で旅行傷害保険やショッピング保険などが付く嬉しいサービスです。ただし、その注意点としてカードの付帯保険にはは適用条件があり「利用付帯」と「自動付帯」という二種類があります。

クレジットカードについている付帯保険がどちらのタイプなのかをしっかりと確認しておきましょう。思いがけず、条件を満たしておらず保険適用にならなかった…。なんてことが無いようにしましょう。


利用付帯と自動付帯の違い

その名の通りなのですが、

・利用付帯
そのクレジットカードで利用することで初めて保険適用となる。旅行傷害保険であれば、そのクレジットカードを使って航空券を始めとした旅行費用を支払っていることが条件となります。ツアー料金などをカード払いにしておけば間違いなく適用されます。 飛行機代、ホテル代などでもOKだと思われます。
ただし、空港までのタクシー代だけといったケースでは適用とならずという事例もあるようです。カード会社によっても条件が異なると思いますので、海外旅行に行く時などはどの支払をすれば保険適用となるのかをサービスデスクに問い合わせしておくことをお勧めします。
ショッピング保険などは間違いなく利用付帯となっています。

・自動付帯
クレジットカードの利用の有無は問わず常に保険適用となる状態。カードを持っていれば自動的に保証されている形となります。

 

年会費無料のクレジットカードは基本「利用付帯」

基本的にはほとんどの年会費無料のクレジットカードの場合保険は利用付帯となります。

特に海外旅行などに行く時に力を発揮することになる付帯保険(海外旅行傷害保険)ですが、条件をしっかり確認しておくことをお勧めします。

ただし、「JCB EITカード」と「エポスカード」は年会費無料のクレジットカードながら、海外旅行傷害保険が「自動付帯」される大変お得なクレジットカードとなっています。海外旅行行く時はぜひ携帯したいクレジットカードです。

海外旅行に行く時のカード選びについては「海外旅行に持っていきたい年会費無料のクレジットカード」もご一読ください。