ポイントは「ポイント還元率」で評価する


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

クレジットカードのポイントは「ポイント還元率」で評価する

クレジットカードのメリットでの説明したとおり、クレジットカードを活用する上で最大のメリットともなるのが「ポイント」です。ポイント分得をすることで実質的に安くお買い物ができるわけです。このポイントがどれだけもらえるのか?を示すのが「ポイント還元率」という考え方です。これはカード比較の際に便利な指標となりますのでぜひ覚えておきましょう。


ポイント還元率の計算方法

計算方法は簡単です。

まず、各クレジットカードごとに、1ポイントがどのように貯まるのかを調べます。
多くのところは1000円につき1ポイントとなっていますが、カード会社によっては100円につき1ポイントだったりします。

このポイント還元率を考える場合、それぞれの1ポイントにいくらくらいの価値があるのか?ということを考える必要があります。この考え方は様々だと思いますが、一般的には「商品券を始めとした換金性の高い商品と交換した場合」で考えます。

たとえば、1000円につき1ポイントが貯まるカードがあるとして、これが1000ポイントで5000円のJCBギフトカードと交換することができるとします。この場合のポイント還元率は0.5%となります。
(1000円につき5円の還元となるため)

ちなみに、クレジットカードにおける一般的なポイント還元率は0.5%程度となっています。

0.5%よりも高ければ還元率が高いカードというように考えることができます。

 

高ポイント還元率のカードとは?

おおよそですが、年会費無料のカードであれば1%を超えるポイント還元率があれば、良好な条件といえるでしょう。中には2%〜5%といったように高い還元率のカードもありますが、大抵の場合、貯まる条件が限定されています(特定のショップでの利用時のみ、など)。

どこで使ってもポイントが貯まるクレジットカードの場合

0.5%未満:低め
0.5%:標準
0.5〜1.0%未満:やや高め
1.0%以上:優秀

と言えるかと思います。普段使いのメインクレジットカードとしては還元率1%以上のカードを目指すと良いかと思います。

 

年会費が無料でポイント還元率が1%を超えるクレジットカード

JCB EIT (常時1%の還元率。JCBのサイト経由でのオンラインショッピングでさらにポイントが貯まる)
楽天カード (常時1%の還元率。ポイントは「楽天スーパーポイント」。楽天市場で買い物するならお得)
・リクルートカード (常時1%の還元率。ただし、貯まるポイントはリクルートポイントという制限された形)
・VIASOカード (ネットショッピングが買い物の中心という方にお勧め)