クレジットカードの発行会社(カード会社)と国際ブランド(カードブランド)の違い


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

発行会社(カード会社)と国際ブランド(カードブランド)の違い

クレジットカードにはそのカードを発行する会社と、決済会社を示すカードブランド(国際ブランド)が書かれているはずです。この違いとそれぞれの役割はどのようなものなのか?ということを紹介していきます。クレジットカードを普段から使っている人でも意外と理解していない人が多い項目です。


クレジットカードのブランドと、イシュア・アクワイアラ

クレジットカードサービスを提供する企業は大きく「ブランド」「イシュア」「アクワイアラ」という3つの役割があり、それぞれを提供する会社は異なります。

 

ブランド(国際ブランド)

クレジットカードの決済機能を提供する会社です。それぞれのブランドと契約を結んだ加盟店(お店)でクレジットカードによる決済が可能になります。現在のところ「JCB」「VISA」「Master」「American Express(アメックス)」「ダイナースクラブ」の5つの国際ブランド(世界中に決済網を持っているブランド)が存在します。

ほとんどのクレジットカードには上記の5つのうちどれらのブランド名が刻印されているはずです。

 

イシュア・アクワイアラ(クレジットカード会社)

聞きなれない言葉かと思いますが、イシュアはカード利用者にクレジットカードを発行する会社、アクワイアラは国際ブランドを通じて決裁したお金を加盟店に渡す会社です。
イシュアとは?
アクワイアラとは?

日本では基本的にイシュアとアクワイアラは同一の会社がサービスを提供しています。

イシュア・アクワイアラは要するにクレジットカードを発行する会社です。たとえば「楽天カード」「MUFJカード」「セゾンカード」「ライフカード」といったような会社がこれにあたります。
ちなみに、国際ブランドであるJCBは「JCBカード」としてカード会社として自社自身もカードを発行しています。

基本的に私たちがクレジットカードを作って色々なサービスを提供してくれるのはこのカード会社です。

 

国際ブランドによる違いはあるのか?

クレジットカードを使うことによるサービスは基本的にカード会社によるものだとすれば、国際ブランド(カードブランド)による違いは何のか?という質問も出るかもしれません。

カードブランドによる違いは「使えるお店」の数が大きな点です。
たとえば、JCBは日本国内やハワイ、グアムなどに強いけど、欧州などでは弱いと言われています。一方でVISAやMasterは世界中に加盟店を持ち範囲が広いという特徴があります。

そのため、海外旅行などに行くときはVISAやMasterのブランドのカードを持っておくと便利です。一方でJCBの場合、世界中の観光地にJCBプラザがあり、そこで観光地情報などのアドバイスを受けることもできるなど、日本のカードブランドならではのサービスを受けることもできます。