カードの無駄な手数料は払わない。分割払い・リボ払いは使わない


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

カードの無駄な手数料は払わない。分割払い・リボ払いは使わない

クレジットカードを使う上で一番いやなものが「金利・手数料」を払うということです。クレジットカードの利用料金を分割払いやリボ払いといったように分割で返済する形をとると年利にして15〜18%という高額な金利が発生することになります。こうした支払方法は「金利負担が生じてもったいない」だけでなく「家計の適正化」という観点からも大きな問題となります。


分割払いやリボ払いとは何か?

分割払いやリボ払い(リボルビング払い)という支払方法は非常に問題です。

そもそも分割払いやリボ払いとはどういうものなのか?というと「支払回数を分割して返済する」というものです。たとえば、五万円の買い物をするとします。1回払いだと通常翌月にまとめて五万円を支払う必要があります。しかしながら、その返済が苦しいという場合には5回払いを選択すれば翌月の返済は一万円でよく、それを以降5ヶ月間続けて支払う形にすることができます。
分割払いとリボ払いの違いについては「 分割払い(分割返済)とリボ払いの違い」でも説明されていますのでそちらを参考にしてもらると有りがたいです。

単月当たりの支払いを減らすことで、「より大きな買い物ができる」という点がメリット(?)となります。

でも、この分割払いやリボ払いは絶対に使うべきではありません。

 

分割払いやリボ払いを使ってはいけない2つの理由

理由は二つです。
一つは「利息が発生すること」、もう一つは「金銭感覚がおかしくなるということ」の二つです。

 

利息が発生する

分割払いやリボ払いを利用すると「利息(金利)」が発生します。手数料という名目ですが、その利率は15〜18%程度と、消費者金融とほぼ同水準です。つまり、キャッシングでお金を借りて買い物をしているのと同じことになるわけです。(それが分割払いとなると抵抗感が薄れるから不思議!)

こうした利息は、カードのメリットで説明した「ポイント」なんぞ一瞬で吹き飛ぶレベルです。

 

金銭感覚がおかしくなる

どちらかというと、こちらの方が深刻です。
カードで分割払いやリボ払いをするということは「今は買えないレベルの買い物をしようとしている」ということです。つまり、身の丈に合っていないわけです。

分割やリボ返済とはいっても翌月以降に返済がのしかかってきます。つまり、今月よりも来月は「返済分だけさらに苦しくなる」ということです。今はお金が足りないけど、どうしても必要な高額商品を分割で買う!というのもできれば避けるべきですが、普段の買い物を分割払いやリボ払いにするようだと、かなり危険です。

そうした家計はクレジットカード破産まっしぐらです。