クレジットカードを家族や友人に貸してはいけない


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

クレジットカードを家族や友人に貸してはいけない

よくあるクレジットカードのダメな使い方としてカードを「貸す」というものがあります。どれだけ信頼できる人であってもクレジットカードの貸し借りはしてはいけません。そもそも利用規約に反する内容となってしまいますし、万が一のことがあった場合に盗難保険などの補償が受けられなくなってしまいます。


クレジットカードは本人以外使用禁止

クレジットカード協会の注意事項に下記のような記述があります。

  • クレジットカードは発行を受けた名義人以外(ご家族の方でも)は使用できません。他人に貸したカードで、もしトラブルが発生しても困るのは貸したあなたご自身です。 また、名義貸などにより被害に遭われた場合も、あなたの責任となりますので ご注意ください。

仲のよい友人も当たり前ですが、家族にも貸してはいけません。
意外と使えてしまう場合も多いので、家族ならOKといった誤った認識を持たれている方も多いのですが、カード会社の規約上はNGです。

万が一の場合(不正利用)などがあったときに、家族に貸していたような事実を指摘されてしまえば、せっかく補償されるはずだった不正利用額も補償されなくなってしまうリスクが出てきてしまいます。

家族が使うのであれば「家族カード」のように家族が利用する専用クレジットカードも大抵の場合、申込ができるようになっているはずです。

家族に貸すのではなく、家族カードを作るようにしましょう。

最近では、親のカードを使って子供がソーシャルゲームなどの課金をして問題となることもありますが、そもそもこれもNGですからね。