年会費という固定費はできるだけ作らない方がいい理由


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

年会費という固定費はできるだけ作らない方がいい理由

クレジットカードに限った事ではありませんが、「年会費」のような費用はできるだけ作らない方がいいです。その理由は「人はいつでも合理的ではない」からです。以外と年会費のことを忘れることも多いですし、気がついても少額だと「まあいいや」と思ってしまうこともあります。そうした小さな積み重ねが家計の無駄を作るのです。


少額の固定費でも積み上がると大きい

年会費というものはそのカードを持つ限り発生し続ける費用です。こうした費用はたとえ一つ一つは少額であっても積り積ると大きな物になってしまいます。

 

いくらポイントをもらっても年会費があると損をすることも

年会費をポイントでペイするために必要なお買い物額」でも紹介しましたが、たとえば、年会費が1000円のクレジットカードがあるとして0.5%のポイント還元の場合、年20万円以上のお買い物をしないとポイントで年会費がペイできません。

 

年会費の存在を忘れる

年会費がかかるカードを持っていても、いつ年会費がかかるか?というのは意外と忘れやすいものです。カードを作っていたら、「更新しました」というハガキとともに年会費が口座から引き落とされているという経験をした人も少なくないはずです。

あー、年会費がかかる前に解約しようと思っていたのに・・・」と思っても後の祭りです。
そして、せっかく払ったなら、すぐに解約せずに次の更新のときに解約しよう。と思って、次の更新でも同じことを繰り返してしまうわけです(私の実話)。

意外とこういった支払ってバカになりません。千円程度というと少額に思うかもしれませんが、よくよく考えるとそんなに小さいお金ではありません。

 

年可否無料のカードでも十分

節約のコツとししては、年会費のような固定費はできるだけ落としておくことが大切です。

クレジットカードの中には年会費無料でも十分なサービスを提供してくれるカードがいくつも存在しています。そうしたカードをできるでけ活用して無駄な年会費を払わないようにしましょう。