個人信用情報とは何か?


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

個人信用情報とは何か?

個人信用情報とは、クレジットカードやローンなどに関する取引履歴情報を指します。国によって認められた個人信用情報機関という会社がその情報をまとめており、会員金融機関との間で情報交換を行っています。この個人信用情報はクレジットカードやローンなどの審査などにも利用されており、重要な情報とされています。

中でも個人信用情報における「事故情報」はブラックリストと呼ばれており、事故情報があると、解決から5年はクレジットカードの作成やローン契約などがほぼ絶望的となります。


個人信用情報機関って何?

個人信用情報機関は「KSC」「CIC」「JICC」という3つの機関が国内に存在しています。
それぞれで会員となる企業が異なりますが、この3社は情報の共有を行っています。そのため、信用情報については基本的にはどこで事故を起こしても共通情報として認識されることになります。

ちなみにKSCは銀行系、CICはクレジットカード関係、JICCはキャッシング・消費者金融関係が会員となっています。

 

どんな情報が登録されているの?

・クレジットカードを申込した内容
・過去に利用したクレジット
・現在利用中のクレジット契約の内容
・支払状況
・残債額など

こうした情報についてはCRINというシステムを通じて各情報機関で共通で管理されています。また、これらの情報以外にもKSC、CIC、JICCなどは共有はしないものの信用情報を集めています。

たとえばCICの場合、下記の様な情報を持っています。
・氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先情報などを集めています。

こうした情報もあるため、たとえばクレジットカードの審査で「嘘」をついたような場合も、これらの情報と照らし合わせて嘘がばれるということもあります。

カード審査においてもこうした嘘がばれるのは大きなマイナスポイントとなります。

 

ブラックリスト(事故情報)はどうしたら付くの?どうしたら解消できる?

基本的には、「滞納(延滞)」「破産(債務整理)」などによって事故情報が付きます。
延滞の場合は数日支払が遅れたという程度では付きませんが、何カ月も延滞したり、延滞期間は短くても何度も延滞するような場合には事故情報が付与される可能性があります。

事故情報を載せるかどうかについては各カード会社によっても異なるそうです。厳格に対応するところもあればややおおらかな対応をするところもあります。
クレジットカードの料金未払いはNG」でも説明している通り、基本的に延滞は絶対にNGと考えておきましょう。