クレジットカードの暗証番号はとっても大切


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

クレジットカードの暗証番号はとっても大切

署名と同じように大切なものが「暗証番号」です。最近ではICクレジットカードが増えてサインではなく、暗証番号による本人確認が行われるケースも増えています。むしろ世界の潮流としてはICカード化なのでカードの暗証番号(海外ではPIN)はとっても重要なものになります。

暗証番号が不正利用された場合にはクレジットカードの盗難保険の適用が対象外となる場合もあるので推測されにくい番号にする必要があります。


暗証番号(PIN)とは?

クレジットカードの暗証番号は、近年発行が増えているICクレジットカードにおいてサインの代わりに利用するパスワード。暗証番号は4ケタの数字で、利用者が入力専用の端末で直接数字を押して入力する。日本国内では暗証番号がわからない場合はサインに切り替えることができるが、海外だとICクレジットカードの場合、暗証番号入力以外では利用できない場合もあるので注意が必要です。

番号はしっかりと覚えておく必要がある。その一方で暗証番号は推測されにくいものにする必要があります。利用者に過失があって暗証番号が推測されクレジットカードが不正利用された場合、クレジットカード盗難保険の適用対象外となる場合があるのです。

ちなみに、暗証番号が漏洩して不正利用された場合には基本的には盗難保険の保証対象外となってしまいますのでご注意ください。

 

暗証番号にするのをめておきたい番号

・銀行の暗証番号と同じ数字
・電話番号(携帯電話、固定電話)の下4桁など
・誕生日、生年月日などから推測できるもの
・その他、財布に入れてあるもので推測できそうな数字
・1111、1234のような連番

クレジットカードの暗証番号は「3回」間違えるとロックがかかる仕様になっています。そのため、このような簡単な番号だと推測されてしまう恐れがあります。

また、他のクレジットカードと共通化するのもやめておいたほうがよいでしょう。

 

クレジットカードの暗証番号の変更について

暗証番号は、クレジットカード会社に連絡をすることで変更可能です。