年会費無料のクレジットカードが年会費無料な理由


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

カード会社がクレジットカードの年会費を無料にできる理由

当サイトでは、紹介するクレジットカードを原則「年会費が無料」のクレジットカードに限定していますが、なぜ年会費が無料のクレジットカードをカード会社は発行することができ、かつ付帯保険やポイントなどの優遇サービスを提供する事ができるのかを解説していきます。


クレジットカード会社が儲かる理由

カード会社の収益源は大きく二つ。一つは「加盟店からの手数料収入」、もう一つは「利用者の分割払いやリボ払いによる手数料(金利)収入」です。

加盟店からの手数料収入

年会費が無料なクレジットカードをカード会社が発行できる理由を知るには、まずはクレジットカード会社がどのようにして利益をあげているのかを知る必要があります。

クレジットカード会社の収益の大部分は、クレジットカード会員からの年会費ではありません。実はクレジットカード加盟店から上がってくる「手数料収入」が主な収益源なのです。

クレジットカード会社は、加盟店(お店)とクレジット契約を結ぶ際に、「クレジットカード利用額の○%をカード会社に支払う」という契約を結んでいます。つまり、クレジットカード発行会社としては、消費者にどんどんカードを使ってもらえば貰うだけ利益が発生するというしくみになっているのです。

クレジットカード決済の場合、決済代金の2〜5%程度がクレジットカード会社への手数料として支払われています。クレジットカード会社では、この決済手数料を収益源として、年会費無料であっても消費者にクレジットサービスを提供することができるのです。

 

利用者の分割払いやリボ払いによる手数料(金利)収入

カードの無駄な手数料は払わない。分割払い・リボ払いは使わない」でも「絶対にするべきではない」と書いた分割払いやリボ払いなどによる手数料収入(金利収入)もカード会社にとっての収入源です。
そのため、テレビCMなどをたくさんつかって「リボ払いはスマート」「リボ払いは便利」といったように、そうした支払方法を利用させようとしているわけです。

賢い消費者としてはそうした手に乗るべきではありません。

 

年会費無料のクレジットカードと有料クレジットカードの違い

それでは、年会費が無料のクレジットカードと年会費が有料のクレジットカードの本質的な違いですが、明確な違いはありません。年会費が有料にも関わらずに年会費が無料のクレジットカードよりもサービスが劣るクレジットカードもありますし、逆にこのくらいの年会費でこんなすごいサービスを提供してくれるのか?と驚くほどのサービスを提供するクレジットカードもあります。

要は、クレジットカードをどう活用するか?という個人個人の利用スタイルや生活スタイルによって、年会費が有料・無料に関わらず得をする事ができます。それならば、いっそのこと年会費が無料のクレジットカードで全てを済ませることができればお財布的にも嬉しいわけですから、当サイトでは原則年会費が無料のクレジットカードを紹介するのです。

ただし、クレジットカードにステータス性やデスクサービス(電話で色々相談できるサービス)、月間に数百万円単位の決済機能などを求めている方には、このサイトの情報はあまり有益ではないと思います。
ステータス性の高いカードをお求めの方は「ゴールドカード比較ランキング」がおすすめです。