まずは必ずクレジットカードの裏面に署名をする


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

まずは必ずクレジットカードの裏面に署名をする

クレジットカードが手元に届いたら、まずは必ずカードの裏面にあるサイン欄に自書でサインをするようにしてください。これが無い状態で不正利用されると、万が一カードの不正利用などがあった場合でも補償されなくなってしまいます。


署名を書く=盗難保険の適用

勘違いしている方も多いですが、クレジットカードにおける盗難保険(万が一不正利用された場合に、その被害額を保障してくれる保険)が適用される条件の一つに「カード裏面に署名がされていること」です。

「署名しない方が安全」「筆跡をまねされない」などという間違った持論を展開している方もいますが、例え筆跡が真似されていたという場合であっても、不正利用であれば盗難保険は適用されます。

筆跡がいくらあなたの筆跡と違っていても、裏サインがされていなければそもそも補償の適用外となってしまいます。

他にも、スーパーのクレジットカードなどで家族と共有したいからなどの理由でサインをしない人もいるみたいですが、「クレジットカードを家族や友人に貸してはいけない」にも書いている通り、所有者以外の人に使わせるのは規約違反ですし、そうした事実が発覚すると補償の対象外となってしまいます。

 

まずは署名をしよう

署名をしない理由というものはありません。
まずはカードが届いたら必ず署名しましょう。

なお、署名については実はどんな書き方をしてもOKです。

名字だけでもかまいませんし、名前とは全く関係のない記号や文字列でもOKです。日本語ではなくアルファベットでのサインでも問題ありません。

ただし、クレジットカードを使う時のサインと裏面サインは同一である必要がありますので、自分で再現できないような署名は控えましょう。あと署名はスタッフに見られますので恥ずかしくないものにしておきましょうね。