年会費無料だからといってカードを作り過ぎない


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

年会費無料だからといってカードを作り過ぎない

年会費が無料ならいくらでもカードを作ってもいいと思うのはやめた方がいいです。理由は「カードを管理できなくなる」という点と「与信残高が増え過ぎてしまう」という点、「ポイントが貯まらない」という点の3つが挙げられます。用途別に作る場合でも5枚くらいまでを上限にすると良いかと思います。


カードを管理できなくなる

クレジットカードをたくさん作り過ぎてしまうと、その「管理」が大変になります。
紛失や盗難などが起こっても気づきにくくなるといった防犯・安全管理上の問題もありますし、「条件付き年会費無料のクレジットカードに注意」などでも書いたように条件付き年会費無料のカードなどの場合には気づかないうちに手数料が取られているといたケースも多々あります。

クレジットカードを作るのであればしっかりとその管理をするようにしましょう。何というカードを作ったのか?年会費の有無や無料条件、有効期限(特に月)などをエクセルで管理したり紙に書いておきましょう。こうしておけば無駄な年会費が発生するリスクを抑えられるうえ、必要無いカードが出た時の解約もスムーズにいきます。

 

与信残高が増え過ぎてしまう

クレジットカード会社では、一人ひとりに「与信額」というものを決めています。
クレジットカードは「カードとは」でも書いたとおり、「後払い」の決済システムとなっています。後払いとなっている以上、カード会社は「利用者が代金を払ってくれないリスク」を抱えることになります。

そのため、いくらでも使わせるのではなく「利用限度額」といった形で与信枠を決めているのです。
参考@:与信とは? 
参考A:クレジットカードには「審査」がある

カードを作り過ぎるとそれだけたくさんの与信が与えられることになってしまいます。これは将来住宅ローンなどの高額ローンを組もうとするときやどうしてもお金が必要な時などに問題となる可能性もあります。

 

ポイントが貯まらない

クレジットカードのメリットでも書きましたが、クレジットカードはカードを利用することでポイントが貯まるという仕組みが備わっている者が多いです。

たくさんカードを作りそれぞれで使っているとポイントが分散してしまい中々貯まりません。
月々どのくらいカードを利用するかにもよりますが、基本的にメインで使用するクレジットカードは1枚ないし2枚程度に絞るべきです。