クレジットカードのポイントは何に交換するのがお得?


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

クレジットカードのポイントは何に交換するのがお得?

クレジットカードで貯めたポイント。このポイントは何に交換するのがお得なのでしょうか?商品券?カード会社が用意した商品?それとも他のポイントなどへの交換?今回はクレジットカードで貯めたポイントの使い道についてを紹介していきます。


カードのポイントの使い道

クレジットカードのポイントを何に交換するかって結構悩ましいですよね。今回はポイントを交換する時に考えられるいくつかの使い道とそれぞれの注意点について説明していきます。

 

商品券への交換・キャッシュバックが一番無難

「商品券・金券」は最終的な使い道が豊富ですし、使えるお店も多いです。また、最近増えているのがキャッシュバックタイプ。利用金額から貯めたポイント分を差し引けるというものです。こちらも使った金額が直接値引きになるわけですから経済的といえます。

このような形で商品券やキャッシュバックを選択するのがポイントの使い道としては一番無難だと思います。

 

カード会社が用意した商品への交換は「価値」に注意

クレジットカード会社はポイントを交換できるカタログの様なものを用意しています。
家電から生活雑貨など様々なアイテムを用意していることも多いです。

こうした商品への交換については注意が必要です。
ポイントの価値を考えた場合、市販されている価格よりも高いものが多いからです。

たとえば、JCBカードの場合、1000円で1ポイント、1ポイントは5円の商品券と交換することができます。
たとえば、300ポイントで交換できる商品があったとしましょう。ポイント価値で換算するとおおよそ1500円ということになりますね。

多くの商品には「型番(アルファベットなどの記号)」が付されているはずですので、それをコピーしてGoogleなどで検索してみましょう。Amazonや楽天市場などでの取り扱いがヒットするかもしれません。
そしてその価格と比較してみてください。多くの場合は1500円以下の価格で売られていることが多いです。

私がこれまで調べた商品でポイントの現金化(商品券化)価値を上回るものってのはほとんどありませんでした。もちろん、プラスレスな非売品の商品などもありますが、上記の状況を考える限りコスパは高くないと思います。

 

マイルや他のポイントへの交換

他のポイントやマイルへの交換については各社によってポイントのレートが異なりますので、実質的な価値を計算した上で他のポイント等に交換した方がいいのかを判断してください。使い方によって価値が変わるANAやJALのマイルなどへの交換については「1マイルの価値はいくら? 航空会社のマイルの価格」なども参考にして見てください。